PAGETOP

電話でのお問い合わせはこちら TEL:052-919-0586

名古屋市北区杉村の歯医者 【こはるファミリー歯科】
一般歯科、小児歯科、口腔外科、予防歯科、義歯(入れ歯)、
審美歯科、ホワイトニング、マタニティ歯科、インプラント
〒462-0835 名古屋市北区杉村1丁目12番6号交通アクセス

電話でのお問い合わせはこちら TEL:052-919-0586

blog  
スタッフブログ

マスクの正しい取り扱い

*・゜゚・*マスクの正しい取り扱い*・゜゚・*

こんにちは♪
ママDHです^ ^
今日は
意外と間違ってる??
マスクの取り扱いについてまとめてみました♪
*
①マスクの向き
これ、意外と間違っている方が多いのです。
真っ白のマスクだと向きがわからないですよね。
基本的にはプリーツが下向きになる方がオモテです。なかには真ん中から上下にプリーツが広がるタイプのマスクもありますので、パッケージの指示に従ってつけましょう♪


②目の下からつける
ちょうどクマができるあたり、ここからマスクを付けます。これもですね、結構下につけられている方が多いと思います。医療従事者であればさらにこの上からゴーグルをするとゴーグルとマスクがきちんと重なるようにしないといけません。


③アゴの下まで覆う
マスクのプリーツを広げてアゴの下まですっぽりと覆いましょう♪


④サイドもフェイスラインにフィットさせる
横にも隙間ができないようにゴムを短く結んで調整してください♪


⑤外したらオモテを内側に折る
本来なら一度外したらマスクは捨てるのが定義ですが、いまだにややマスク不足の現状です。
一度外さなければならない時はオモテを内側に折ってしまいましょう。


⑥アゴマスクはNG!
これは本当によく見かける光景ですが、
オモテについた汚れや細菌が口の中に入ることも考えられます。
やめましょう。


*
また、日本小児科医会から
「2歳以下のお子さんにはマスクをさせないで」
との通達がありましたね。
こちらも守っていきましょう♪
2歳以上のお子さんでもマスクをベタベタ触ってしまったりなどうまく使えない場合は逆に不衛生になることも考えられますのでしっかりと見守ってあげて下さい。
まだうまく使えない年齢のお子さんが無理して使うことよりも、周りの大人がマスクをしっかりとつけることで守ることもできると思います^ ^
理解を示していきたいです♪
暑い季節になりますから熱中症に気をつけて安全にマナーを守ってマスクを使っていきたいですね^ ^
*
*